フォルカン50mgはカンジダ菌の影響によって発症するカンジダ膣炎や真菌症といった女性の生殖器に現れる病気を治療するために医薬品ですが、フォルカン50mgはダイフルカンと呼ばれるアメリカの医薬品メーカーファイザー社が開発した医薬品のジェネリック版となります。
抗菌作用があることからカンジダ膣炎の症状を治療する効果が期待できるのはもちろんのこと、女性の膣分泌液の分泌を促す効果があるため、女性版の精力剤などと言われることもあります。

ジェネリック医薬品として世界に流通していることもあって様々な女性に使用されていますが、膣分泌液の分泌を促す作用については軟膏やローションと違って、その時に直接使用しないと効果がでないのではなく、事前の使用によって効果を得ることができるため性行為時の心理的な負担を軽減することもできます。

また、女性の生殖器周辺にかゆみや臭いが出ている場合もフォルカン50mgは効果を発揮すると言われていて、女性の姓の悩みに対して様々な角度から効果が出るということで高い支持を得ている医薬品となっています。
使用方法に関しては一日一回服用というのが基本的には原則となっており、服用のタイミングとしては特段の決まりはありませんが、医師の診察を受けて処方についての説明を受ける必要があります。

フォルカン50mgは性的な興奮を高める媚薬的な作用はないので、使用に関してはどのような効果を得ることができるのかきちんと調べることが大事です。