イタスポールは真菌症の治療効果がある医薬品ですが、含まれている主成分はイトラコナゾールと呼ばれる成分で、このイトラコナゾールと呼ばれる成分こそが真菌に対して効果を発揮します。

ちなみにイトラコナゾールがどのように真菌を撃退するのか、という点ですが、これは直接的に撃退するのではなく真菌が細胞膜生合成を行うことを阻害することによって殺菌するのが特徴で確かな効果実感から多くのユーザーが存在しています。
真菌症の例としては女性に起こる性感染症のカンジダ膣炎や性別に関係なく発症する水虫などがありますが、これらに対しての治療薬と言えば直接塗布をして治療をするクリームタイプや軟膏タイプというイメージがあるかもしれません。

しかし、イタスポールは塗り薬ではなく飲み薬なので、直接的に真菌を撃退するのではなく体の内部から撃退するのが特徴となっていて、塗り薬だと皮膚の深部まで真菌が逃げてしまうため、確実にすべての菌を撃退するのは難しいのですが、イタスポールだと体内部から真菌を追い詰めることができます。

基本的に他の医薬品を服用してないというのであれば、用法用量を守った範囲での服用ならそこまで副作用の症状が出るリスクはありませんが、他の医薬品と併用して服用すると重篤な副作用の症状が出る可能性もあります。
また、服用をする場合は吸収率が高い食後が基本となっていて、カプセルや錠剤タイプのイタスポールがありますが、いずれの場合も食後の服用を心がけましょう。