プレマリンの用法や用量

プレマリンは女性ホルモンとしての作用機序があるエストロゲンが主成分となっている医薬品ですが、プレマリンから取り入れたエストロゲンによって女性特有の症状として見られる更年期障害などに対しての治療薬としての効用が期待されます。

プレマリンの用法や用量に関してですが、基本的な用法としては成人で一日に1~2錠の服用で、更年期障害に対しての治療薬としての服用ではなく、膣炎や子宮出血などに対しての治療薬として服用する場合は状況に応じて一日に上限として6錠まで服用することもあります。

このようにプレマリンはどのような目的で服用するかによっても用量は異なってくるため、必ず服用する場合は医師に相談する必要があり、飲み忘れてしまった場合は一回分をその時に服用して調整する必要があります。
ただし、飲み忘れに気付かないで次の服用時間に近づいている場合は飲み直すのではなく、一回分は服用しないで、次の服用から再び服用のリズムを整える必要があります。

また、用量をきちんと守らず本来の用量を超えて服用を続けていると効果が出ないばかりではなく体が浮腫んでしまう症状や体重が増えてしまうなどの症状が現れることがあるので注意する必要があります。
用法や用量を守って服用する分にはそこまで副作用のリスクが高くないと言われているプレマリンですが、体質によってはアレルギー反応などが見られることがあるので、少しでも異変がある場合は医師に相談をして適切な対応をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ