医薬品にはいろいろなサイズがありますが、錠剤の場合はサイズ大きいと服用中に飲みづらいと感じることがあるかもしれません。
そのような時、錠剤を砕いて飲むことを試みるかもしれませんが、こうしたことは行ってもいいのでしょうか?
薬が飲みやすくなれば服用が続けやすくなり、ひいてはそのことが病気の早期治療にも繋がるかもしれないので、錠剤を砕いて飲むことはいいことだと思うかもしれませんが、実際のところはどうでしょうか。

錠剤とコーティングについて

錠剤を砕いて飲むことについては、それを行っていい薬と、行ってはならない薬があります。
薬にも成分内容や加工によっていろんな種類があり、その種類によって砕いて飲んでいいかどうかが変わります。
砕いて飲んでもいいのは、コーティングされていなもの、そして砕いて飲んではならないのは、コーティングされている薬です。
まずはこれを大まかな目安としながら服用方法を判断するようにしてください。
コーディングされている薬がなぜよくないかといえば、この種の薬は特殊な加工により有効成分を湿気から守るための処置がなされています。
よって、砕いて飲むことによってこの保護効果が落ちてしまい、結果として苦さが増すうえに、薬の効き目も弱くなってしまうのです。
したがって、コーティングされている薬については、その効果を落とさないよう砕かず丸飲みするようにしなければなりません。

早めに相談することも必要

それでも薬が飲みづらいと感じたときは、まず医師や薬剤師に相談するようにしてくださし。
砕いてもいい薬について飲みにくい場合は、それを粉状にして飲む方法をアドバイスしてもらうことができますし、潰してはならない薬についても飲みにくい場合は、口の中で溶ける薬や、同じ成分で別の粉薬に変更してもらうことができます。
自己判断で服用方法を変えると健康を害することもあるので、くれぐれも注意してください。
ともかく、決して自己判断で対処するのではなく、必ず医師や薬剤師に相談してから服用方法を変更するようになさってください。