医薬品といえば、病院で診断してもらってから渡されるものもあれば、薬局で個人的に買えるものもあります。
どちらもちゃんと認可された医薬品だから違いはないだろうと考える人もいるかもしれませんが、この両者にははっきりとした違いがあります。
また、それぞれの薬を飲むことで体に与える影響や効果についても違うので、薬の服用者はこの点を理解しておかなければなりません。

病院の薬と大衆薬の違いについて

では、病院でもらう薬と薬局で買える大衆薬はどのように違うのでしょうか?
まず薬局で個人的に買える大衆薬については、こちらは一般用医薬品とも呼ばれており、患者が自己判断と責任で自由に購入できる薬のことです。
いわゆる処方せんというものが必要なく、服用にあたっての細かい指示を受ける必要もありません。
一方の病院でもらう薬については、こちらは医療用医薬品と呼ばれ、医師の処方がなければ絶対に手に入れることができません。
大衆薬は処方せんが必要ない、しかし病院の医療用医薬品は処方せんが必要であること、この点がまず大きな両者の違いとなっています。
医療用医薬品と大衆薬の成分的な違いとしては、医療用医薬品は1つの薬につき1つの成分しか入っていないというのが基本ですが、大衆薬の場合は1つの薬につき何種類もの成分が入っているのが特徴です。

安全性について

安全性の面からいえば、病院の薬が患者一人一人に病状に合わせて調合されていることを踏まえれば、特に長期間にわたって薬を服用することを考えれば、大衆薬より病院の薬のほうが安全であるといえます。
大衆薬はどちらかといえば対症療法に使う薬が多いので、より重い症状に対して長く服用するのには向いていないこと、また相互作用の危険もあることを念頭に置く必要があります。
この点、日頃から薬に関する基本的な知識、また相互作用についての知識を学んでおくようにすれば、どちらの薬を飲む場合でも安全に服用することができます。
そしてどちらの薬を飲む場合でも、飲んで少しでも違和感を覚えたら、すぐに医師に相談するようにしてください。