妊娠したらまったく薬を飲んではいけないと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。
妊娠期間中であっても、ちゃんと医師に相談したうえで、また比較的安全な時期に用法・用量を守れば服用することはできます。
ただし、妊娠した人が薬を飲むのに危険な時期というものがあること、またその時期によって危険度が変わるということがあります。
したがってどうしても薬を服用する場合は、招くかもしれない危険性について、ちゃんと知識をもってから服用しなければなりません。

妊娠期間各時期の危険性について

この点で知っておくべき知識としては、妊娠期間中のそれぞれの時期において薬の服用によるどんな危険があるのかという点です。
ここでは妊娠3週までから分娩までを取り上げてみたいと思いますが、まず妊娠3週目までは、胎児の奇形はないと考えられており、一部の残留性のある薬以外では、過度な注意を要するものはありません。
問題は妊娠4週以降ですが、妊娠4週~7週までは最も危険な時期といわれ、この時期は心臓や中枢神経など胎児によって重要な期間が形成される時期であり、この時期の服用はかなりの注意を要するものとなります。
続いて妊娠8~15週末までですが、この時期にはすでに体の重要な期間の形成は終わっていますが、それでも口蓋や性器の形成が残っているので、まだまだ注意が必要な時期となります。
そして妊娠16週~分娩までは、奇形の心配はなくなるものの、薬の副作用が心配される時期であり、薬によっては胎児に危険な悪影響を及ぼす恐れがあるので、やはり注意しなければなりません。

妊娠期間中の安全な服用

まとめてみると、妊娠期間中はどの時期も基本的には薬を服用することには注意が必要であるということ、特に奇形の心配がある時期、重要な期間が形成されていく時期は細心の注意が必要であるということです。
したがって、妊娠期間中は薬を飲まないのがベストな選択ですが、もし飲まざるをえない場合は、用法・用量について医師の指示を守って飲むことが大事です。