ビタミン剤は普通の薬とは違って健康的だから、過剰摂取しても問題ないと考える人がいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。
ビタミン剤といえば、ビタミンAとかビタミンBなど私達にとっては身近なものばかりですが、ビタミンならどの成分でも摂りすぎても大丈夫なのでしょうか。

二種類のビタミンの性質を知る

まず、ビタミンといっても大きく分けて2種類があり、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。
ビタミン剤について考える時はこの二つの種類に分けて考える必要がありますが、まず水溶性ビタミンについては、必要以上に摂取したとしても過剰症などの心配はなく比較的安全だといわれています。
余分な量を摂取したとしても、それは多くが尿と一緒に排出されることになり、体内で蓄積されることはないというわけです。
しかし同じビタミンでも脂溶性ビタミンについてはすこし性質が違っていて、こちらは逆に過剰摂取することによって体内に蓄積されてしまい、過剰症を引き起こしてしまう可能性があります。
例えば、脂溶性ビタミンの中にビタミンAがありますが、このビタミンAを過剰摂取することによって、頭痛、筋肉痛、食欲不振などの症状が起きることがあります。
これはまさに過剰摂取による副作用ということができますが、ビタミンAなどの脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンに比べて体内で蓄積されやすいので、その分摂取量には注意しなければならないのです。

いずれも過剰摂取には注意すべし

まとめてみると、ビタミン剤といえども全ての成分が摂りすぎても安心なわけではないこと、特に、脂溶性ビタミンについては体内で保持・蓄積されやすい性質があるので、過剰摂取は控えなければならないということです。
ちなみに、水溶性ビタミンであっても、必要以上に摂取することによって、体調が悪くなったり何らかの障害が出ることもあります。
例えば、ビタミンB2やビタミンCの場合、大量に摂取することで知覚障害が出たり、下痢の症状が起きることもありますので、この点も注意しておいてください。